サロンでの脱毛体験

今から30年近く前ですが、OL時代にサロンで永久脱毛しました。

 

当時は毛根に細いニードルを挿して微弱電流を流し、毛根を焼き切るという方法でした。
説明の段階では痛くなく、チクッとするくらいと言われましたが、実際に施術してもらうと、思わず身体が逃げてしまうくらいの痛さでした。

 

じきに慣れますよ、とエステティシャンの人は涼しい顔でいましたが、最初は毛の量も多いので、慣れるなんてものではありません。一回ごとに「痛い、痛い」と声に出してしまうほどでした。

 

今から考えれば、実際に毛根に針をさして電流を流すので、これは医療行為に近いものがあります。
当時は今ほどエステティシャンの資格がはっきり定まっていなかったように思います。

 

そんな中、素人に近い人によくこのような作業を任せたものです。幸い私は何の事故も起きませんでしたが、
サロンによっては電流の量が多すぎて、やけどになった例もあると聞きました。

 

最初は毎月通い、だんだん毛の量が減ってくると、2年目は数カ月に1度通えばよくなりました。
何度やっても痛みは変わらず、慣れるということはありませんでしたが、30年たった今でも
ほとんど生えてこない状況を見ると、あの時我慢してやってよかったなと思います。

ムダ毛に踊らされた20代の思い出

年を取ると髪の毛が減ってくるようにムダ毛も薄くなり、生えてくる周期も長くなるみたいです。
ムダ毛のお手入れもラクちんです。
お風呂の鏡でチェックして、気になるところに泡立てた石鹸をつけ、T字かみそりでシャシャっと剃っちゃえばOK!
お風呂から上がったら、ボディーローションや乳液などでケアしてあげるだけです。
夏はマメにムダ毛処理をするけど、冬なんか月に数回のお手入れで充分な感じです。

 

私も10代、20代の頃はムダ毛ボーボーでした。
新陳代謝が活発だったのね。
10代の頃はお金もないから、今と同じような感じでムダ毛処理してました。
20代になると働き出してお給料がもらえるようになり、私のムダ毛処理も進化して試してみたのがムダ毛の脱色。
外人さんみたいな金髪のムダ毛になって、多少は目立たなくなったものの生えてくる毛は黒いので、すぐに効果は薄れます。
次に試したのが脱毛クリーム
ムダ毛を溶かして処理するもので、脱毛クリームを塗ってちょっと時間をおいてシャワーで流すだけで簡単です。
しかし、肌に合わなくて、真っ赤にかぶれちゃいましたよ。

 

さらに試したのは脱毛ワックス。
ガムテープを手や足に貼って剥がす感じの脱毛処理方法です。
毛根から抜くので処理後は肌が綺麗だし、次に毛が生えてくるまで結構もつので一番お世話になりました。
ただね、ハンパなく痛いです。

 

まあ、こんな感じで20代の頃は市販されている脱毛処理剤を片っ端から試してました。
ほんと、毛に翻弄されて踊らされてるみたいでした。